甘~い♪ベトナムコーヒー

ベトナムのお土産にコーヒーを頂きました

ひとつひとつ 可愛い巾着袋に入ってます。

コーヒーの袋を開けると…甘~~い香り。

そう言えば、テレビで ベトナムのコーヒーは練乳をいれた甘いコーヒーだ、と放送してるのを観たことがあります。

ベトナムはコーヒーの生産量 世界第二位???

って全然知らなかった。

1位ブラジル、2位コロンビア、どちらも焙煎のお店などでも コーヒー専門の喫茶店のメニューにも 出てる国名ですけど ベトナムって聞いたことない…

なぜ ベトナムコーヒーがカフェでお馴染みではないのか?

それはベトナムで生産されるコーヒー豆が 「ロブスタ種」という苦味の強い ちょっとお味が落ちる種類なのですね。

だから お店や家庭で挽いて飲むには適してないようです。

主に缶コーヒーやインスタントコーヒーの原材料に使われてるそう。

それで 練乳を入れて甘くしたり、コーヒー豆に甘い香りを付けてお味を誤魔化して? 美味しくして!販売してるんですね

美味しいアラビカ種でも フレーバーコーヒーがある!

コーヒーと言えば、ブラジル、ですけど ブラジルやコロンビアで生産されるコーヒーは アラビカ種って言うんですね、聞いたことある~。

美味しいと言われるアラビカ種にも 香りを付けたフレーバーコーヒーがあります。

そういえば、ハワイのお土産に頂いた LION COFFEEのVANILLA MACADAMIA、と~っても甘い香りでした。

そうそう、友人がなかなか売ってないの、とGODIVAのバニラコーヒーを買い求めていました。

フレーバーが流行り?

紅茶にもいろんな香りとネーミングで売る「ルピシア」がありますけど

コーヒーにも香りを楽しみながらコーヒーの楽しむ、っていう方、増えてきてるのかしらね?

私はコーヒーはモカ、紅茶はダージリン、っていう保守派?ですけど、甘い香りには 癒やしの効果もありそう。

しばらく 我が家にある アラビカ種とロブスタ種 の香りを堪能しようと思います。

応援クリック よろしくお願いします
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 グルメブログ 兵庫・神戸食べ歩きへ
にほんブログ村